店舗・住宅工事等の外装塗装 屋根塗装を行っています。

アヴィトソウ

〒359-0036
埼玉県所沢市旭町7-9
TEL 04-2946-8415
FAX 04-2946-8416


HOME > 外壁塗装・屋根塗装

外壁塗装工事・塗り替え工事

住宅の塗り替え工事!
アパートや店舗の塗り替え工事も行っています!

お客様からお見積りのご依頼を、お問い合わせフォームまたはお電話から頂きましたら、ご予定の合うお日にちに、一度現調させて頂く為伺わせて頂きます。(無料です)
建物の状態を見ながら、塗装する面積を計らせて頂きます。

この時に、建物の下地の状態をよく見て、悪い所があれば事前に写真に撮り、後日お見積書と一緒に写真をお持ちします。
その際に、下地の悪くなった部分を写真と照らし合わせながら、一番いい形の修復方法をご提案させていただきます。

住宅に限らず、塗装は下地が命だと思います。
ですから、いかに下地を補修・修復出来るかが、とても大事な事で、それにより塗装の寿命を長く伸ばす事に繋がると私は思います。

avi塗装では、外壁の塗り替え工事をして頂いたお客様に1年点検をはじめ、5年間の保証をお付けしています。(条件付きですが)
それは、職人として自分たちの腕にプライドを持って、仕事をして行きたいと思っているからです。
こだわる所は、とことんこだわり、avi塗装を選んでくださったお客様はもちろんの事、自分たち、職人が納得できる仕事を志しています。

住宅の塗り替え工事は、平均7日〜10日程度で完了します。(但し雨天時や下地の補修状態によっては工事期間は延びます。)


avi塗装では、まず建物の下地に最適な塗料をご提案します。ご予算の範囲内で工事をされたいという方にも、ご予算の中で建物に合う塗料をお選びします。

工事内容、進行状況など、わからない事は遠慮なく聞いて下さい。丁寧にお客様にわかりやすくご説明いたします。

その他、出来る限りのアドバイスもさせていただきます。塗料も納得いく色に巡り合えるまで、ゆっくり決めて頂きたいと思います。

工事をさせていただく以上、avi塗装に頼んで良かったと言って頂ける様、丁寧な仕事をしていきたいと思います。お見積りや外壁塗装に関するご相談は無料ですので、お気軽にご連絡下さい。お待ちしております。


ページトップへ

外壁塗装の塗り替えの目安とその対処方法は?

下地がモルタルでクラックが入ってしまった状態 サイディングのシール部分の劣化した状態

 

外壁塗装の塗り替えの目安としては、以前塗り替え工事をされた時から、平均で8年〜10年位の間に塗り替えをされるのが、いい頃だと思います。(各家で多少の時期の違いはあります。)
その中で目で見て分かるものだと、クラック(ひび)が多数出てきている状態
特に怖いのが、深いクラックが出てきているなどの症状です。クラックは、雨漏れの原因になりますので、特に深いクラックが出てきている時は、点検を依頼して早めの補修をお薦めします。


 

対処方法としては、深いクラックは基本的に表面でコーキングなどで埋めても、もっと奥の深い所から出ているのでVカット補修が最適です。
サンダーでクラック部分をVの字にカットしていき、クラックの奥の根元までコーキング補修出来る様にする補修方法です。

その後専用プライマーをぬり、コーキング材をクラックに打ちます、コーキングが乾燥したらカチオンタイト(セメント系カチオン性アクリル樹脂モルタル) を塗り、モルタル乾燥後に、下塗りを塗ります、そのままでは、補修した部分が平らなので、既存の壁のパターン(模様)を出します。それから、中塗り、上塗りとなります、ここまで補修を徹底しておけば同じ所からクラックが出る心配も無くなります。これが、深いクラックの補修方法になります。このクラックが多々出てきたら外壁の補修工事と塗装工事をお薦めします。


もう一つの目安としてはチョーキング症状です。

チョーキングとは塗膜の劣化の度合いを示すものです。塗膜の表面が経年で変化し、次第に粉状になっていきます。手で触るとチョークの粉が付いた様な症状が出ます。時間の経過とともに、光沢も無くなり、そのまま放置していると、塗膜の割れや剥がれに繋がって行きかねないので、このチョーキング症状が出てきたら同じく、なるべく早めに点検を依頼して点検の際にその劣化の度合いによっては、早めの塗り替えをお薦めします。チョーキングの症状が出ている場合は、高圧洗浄機でよく壁面を洗い、その後に下地処理を行う事をお薦めします。このチョーキング症状が出てきたら、塗り替えの目安と思って下さい。初期段階であれば下地の処理も大げさにはならないで済むと思います。

ただ、基本的には8年〜10年辺りで一度点検を依頼されるのがいいと思います。早期発見が、建物の寿命を延ばす事に繋がると思います。

ページトップへ

外壁塗装に関するQ&A

  • 外壁の塗り替え時期・目安などありますか?
  • 外壁塗料のはがれや、ヒビ、クラックなどまた、壁を触ってみて手に粉などが付着すると一つのサインになります。
  • 塗り替え期間はどのくらいかかりますか?
  • 家の大きさや作業内容によって多少異なりますが、平均一週間〜10日間ぐらいが目安となります。
  • 塗り替えをすればどれぐらい耐久性があるのですか?
  • 外壁塗料の種類によって異なりますが、アクリル塗料は6〜8年、ウレタン塗料は7〜10年、シリコン塗料は8〜10年、フッ素・セラミック塗料は9〜12年くらい一般的に耐久性があるといわれています。 しかし、日の当たる所や、雨の良く当たる所、風通しが悪く、湿気がある所など場所によっては上記の年数まで持たない可能性があります。
  • 業者によって金額が全然違いました。同じ施工なら安い方が良いのですか?
  • 安いから良いというのは間違っています。まずは、見積り書の中身をよく見て、工程の内容や塗料の種類、施工範囲など注意して見てみるのが肝心です。同じ様な内容なのに高すぎるのも良くないのでお客様自身が安心して工事を任せられる塗装業者を探すのが一番です。もし塗料の種類などで、分からない事がありましたら、いつでもご連絡下さい。
  • 塗装業者を選ぶポイントなどありますか?
  • 自社施工店や、地元密着型の塗装業者などを選ぶと良いかも知れません。あとは、地元密着店で施工後も定期点検をしてくれる塗装店だと思います。
  • 見積りの金額と施工後の金額が違ったりしますか?
  • それはありません。しかし追加工事をすれば追加の金額は発生致します。その際には追加の見積書をあらかじめ施工前にお客様に提示させて頂きます。
  • ご近所への対応はどうすればいいのですか?
  • 塗装工事の着工前にご近所様への挨拶回りを致しておりますが、着工前に施工主様の方からもご挨拶をして頂けるとより良いかと思います。
  • 塗装後の保証などはあるのですか?
  • avi塗装では、外壁塗装工事・屋根塗装工事をして下さったお客様に、引き渡しの際に、保証書をお渡ししています。
  • 何年間 保証期間があるのですか?
  • 建物の築年数や、建物の状態によって異なります、詳しくは、専用ページに記載してますので、そちらをクリックしてください。
  • 保証期間が終わっても、たまに見に来て頂けるのですか?
  • もちろんです。外壁の状況など定期的に点検で伺います。その他に気になる事がありましたらいつでもご連絡下さい、伺って点検します。

ページトップへ

外壁塗装の保証と点検について

アヴィ塗装では、外壁塗装工事、屋根の塗装工事をして頂いたお客様に、引き渡しの際、5年間の保証書をお渡ししています。それは、自分たち職人のプライドをかけた証としての気持ちと、アヴィ塗装を選んで下さったお客様への感謝の気持ちを表したものになります。そして、一度出会ったお客様に、『またここに頼もう』と言って頂けるように努力していきます。保証とは別に、定期点検を行なっています、保証期間の5年間が過ぎても、なにか気になる事がありましたら、いつでもご連絡下さい。伺って点検します。

施工後の定期点検も行ってます。たとえ保証期間が過ぎても定期点検で伺いますので、気になる事などありましたら、お気軽にお尋ね下さい。その他、定期点検時以外にも、ご連絡下されば伺わせて頂きます。

ページトップへ

屋根塗装工事

屋根塗装といっても、様々な材質の屋根があります。今の住宅は圧倒的に、コロニアル屋根が多いです。
コロニアル屋根は、塗り替える時に、コロニアル屋根専用の縁切り材で【タスぺーサー】(別途)という物があります。このタスぺーサーを屋根の重なりの部分に、はめ込んでいく事によって隙間が保たれ、コロニアル屋根を塗装した時、重なり部分の隙間を塗った塗料でふさがらない様にします。

なぜ重なっている屋根の隙間を埋めてはいけないのか?

元々、新築時のコロニアル屋根は、一枚一枚重なるように張ってあり、その重なりの隙間から屋根裏の熱気を外に逃がしたり、湿気なども屋根の隙間から外に逃がす役割があります。この熱気や湿気を中にため込んでしまう事により、建物の構造材を傷める原因になってしまうのです。そして、屋根の外側でも、雨水の逃げ場を無くしてしまうので、雨漏れの原因に繋がってしまう事が多いのです。

アヴィ塗装では、そのトラブルを無くす為にタスぺーサーの取り付けをお薦めしています。

屋根は雨・風を防ぎ、太陽の日差しからも守ってくれる、とても重要な役割を果たしている部分ですので、早い所で5年〜8年程で、一度点検しておく事もとても重要だと思います。
点検の際に、コロニアルの破損や鉄板の棟押さえ部分の釘の抜けなど、一緒に点検しておくのがいいでしょう。

アヴィ塗装では、屋根の点検もご連絡を頂ければ行っておりますので、お気軽にご連絡下さい。屋根の塗り替え工事で、ガイナの遮熱塗料での施工を自信を持ってお勧めしています。興味のある方は、是非ご覧になって下さい!コロニアル屋根には、タスペーサー(別途)の取り付けもいたしております。


コロニアル屋根以外にも・モニエル瓦・セメント瓦・トタン屋根など、屋根の異なる材質に合わせて、塗装工事を行っています。当然の事ながら、塗装前に屋根に入っているクラックの補修や鉄板の棟押さえの止め釘も浮いている場所を見つけて、打ち替えをしてからの塗装工事になります。
屋根塗装のみの工事も行ってます。
注:場所や建物の構造によっては、足場を掛けての施工になります。近隣の方へご迷惑をかけてしまいそうな場合も、足場を掛けて養生シート(飛散防止シート)を張ってからの作業となります。

屋根の塗装に関してご相談や点検の依頼もお気軽にお問い合せ下さい。
お見積りも無料です!ご相談だけでもどうぞ!!お待ちしております。

ページトップへ

ガイナ遮熱とは?

ガイナはロケット開発で培われた最先端の断熱技術

H-2ロケットを守った宇宙航空研究開発機構(JAXA)の技術を、私達の暮らしの中で活用可能にしたのがガイナ。

ロケット打ち上げ時の高熱から機体や人工衛星を守るため、先端部に塗布された塗料の技術を利用し開発されました。
機能性環境改善塗材であるガイナは、従来の常識を覆し、断熱性の高いセラミックを塗料化することに成功。

ガイナを住まいに塗るだけで、断熱を可能にしたほか、遮熱・結露防止・防音・空気質改善など、15に及ぶ機能を発揮します。

※写真提供独立行政法人宇宙航空研究開発機構

ガイナは(株)日進産業が(独)宇宙航空研究開発機構の断熱技術供与を受け、開発した製品です。


ガイナを塗るだけで、夏は涼しく、冬は暖かに

ガイナを住宅の屋根・外壁・内装に塗ると、太陽光線や熱、音や汚れなどを跳ね返し、断熱・遮熱などの効果を発揮。
加えて、太陽光線や照明の光を受けたセラミックが、イオン化作用をもたらし、室内の空気質を改善。マイナスイオンとプラスイオンのバランスがとれた心地よい状態に。

断熱
ガイナを建物の天井、内壁に塗るだけで、今まで外に逃げていた熱エネルギーの約60%を封じ込め、冬暖かい究極の内断熱が完成します。

遮熱
ガイナを建物の屋根、外壁に塗るだけで、太陽光線から受ける影響の約95%を反射し、夏涼しい究極の外断熱が完成します。

耐久
ガイナは特殊セラミックとアクシルシリコン樹脂をハイブリットすることにより、優れた耐候性を持ち、一般塗料の2〜3倍の寿命になります。

防音
ガイナを建物に塗るだけで、屋根、天井、壁を通過する音が約4〜10デシベル低下し、静かな住空間を確保することができます。

防露
ガイナは、近・中・遠赤外線の波長を効率的に反射し、熱エネルギーの移動を抑えることにより、結露発生量を約20%以下にします。

消臭
ガイナに含まれる特殊セラミックが、空気中の有害物質やいやな臭いを、中和・イオン化し、さわやかな住環境をつくります。

透湿
ガイナは十分な透湿力を持ち、水蒸気や空気などを通すことで、壁が呼吸し、健康的な住環境が実現します。

防菌
ガイナに含まれる特殊セラミックが作用することにより、塗膜をカビや有害な菌から守ります。(ガイナ防カビ抗菌対応品)

防護
ガイナの熱エネルギーを蓄えない性質により、ガイナが塗布してあれば、100℃に熱せられた鉄板に触れても、火傷することはありません。

安全
ガイナは環境にやさしい水性で、ホルムアルデヒド放散等級区分(F☆☆☆☆)を取得しています。

癒し
ガイナは特殊セラミックのイオン化作用により、空気質を改善し、リゾート地を上回る理想的なイオンバランス空間をつくります

防汚
ガイナに含まれる特殊セラミックとアクリルシリコン樹脂の効果で、優れた帯電防止性、親水性塗膜となり、防汚性を発揮します。

弾性
ガイナは弾力性に富んでいるため、亀裂ができにくく、衝撃、振動に強い塗膜に仕上がります。

不燃
ガイナは特殊セラミック効果により、塗布する材料に合致した不燃性能を発揮します(国土交通大臣認定)。

施工
ガイナを塗布するには、特別な工具を必要としません。刷毛、ローラー、コテ、ガンなど、あらゆる工具で美しい仕上がりが可能になります。

ページトップへ